樫の木基金

大中小

設立

平成17年10月25日(2005年)、認証30周年記念事業として130万円を拠出して設立


目的

沖縄県女性相談所及びしののめケアハウスに保護された後自立しようとするDV被害者に対する経済的支援


名前の由来

国際ソロプチミストのエンブレムに描かれた樫の葉と実、組織の力強さと成長、その前進と偉業達成を象徴する


支援の内容

  • 保護命令等の手続き費用が必要な者に対しては1万円を支給する
  • 当座の生活資金を必要とする者に対しては5万円を上限として無利息で貸与する
  • 返済は自立した後 本人が決める期間・額による任意返済
  • 生活保護を受ける者に対しては保護費支給までに要する費用を無利息で貸与し、支給を受けた後一括返済
  • しののめケアハウス利用者の法律相談費用の助成


資金

会員の寄付、一般からの募金をあてる


樫の木BOX設置場所

沖縄県女性相談所、(財)おきなわ女性財団てぃるる、国際ソロプチミスト沖縄定例会場


支援の実績

平成29年3月31日現在 支援件数165件 

支援金額      およそ848万円

返   済      およそ447万円(生活保護費受給後返済を含む)

資金現在高    1,635,385円


主な募金者

千玄室大宗匠講演会、男女共同参画を考えるシンポジュウム、すばらしい女性達の新たなチャレンジを祝う会、民生委員児童委員那覇地区合同研修会、那覇市民生委員児童委員連合会、県庁職員有志、沖縄県警察本部有志、べンチャークラブ グラントプログラム外、二木会、米国婦人福祉協会、月桃基金、福島信販、名護市女性ネットワーク協会、沖縄県越国協会、安次富初子氏県功労者賞受賞祝賀会、児玉清氏講演会、黒柳徹子氏講演会、沖縄尚学高校、瀬戸内寂聴氏講演会、安里カツ子副知事を励ます会、沖縄県女性相談所、(財)おきなわ女性財団、沖縄県DV加害者更生相談室、県立看護大学性・命の達人キラリサークル、沖縄尚学高校平成22年度2年8組、佐久本眞智子・渡名喜よし子・崎原末子・與儀弘子・平田正代・五木寛之氏講演会・、宮古福祉保健所 美祭ちゅらさい(金城安果音) がじゅまる沖縄(名嘉智恵理) 中村よね 赤嶺静子 新垣光枝 エース・スポーツクラブ(阿賀嶺久美子) 又吉博子 新城洋子 福嶺博子 (順不同)

ご協力に心から感謝申し上げます。


表彰

国際ソロプチミストアメリカ連盟
2006「成功を祝うソロプチミスト」表彰プログラム 優秀賞受賞



募金は随時お受けします。ご協力よろしくお願いいたします。

連絡先 樫の木基金委員会

委員長      渡名喜 よし子      TEL 098-832-3208

副委員長    阿賀嶺 久美子    TEL 090-4470-0562

会計係          新垣 ミヨ子            TEL 080-1771-0003

△TOP